ちょこざっぷのデメリット

 

 

ガチには少し物足りない
スマホの操作に不慣れだとツラい
都心は脱毛、エステの予約が取りづらい時間帯がある
混む時間帯がある
困った時にすぐに聞けない

 

 

■まとめ
・ライトユーザーには短時間でトレーニングができるので最適だが、ガチで筋トレをしたい人には物足りなく感じる。
・店舗によってはシャワー、トイレがない施設もある。
・セルフエステやセルフ脱毛がない施設もある。利用したいと思っている近隣の店舗の店舗設備を事前に確認しておく必要がある。
・施設にはスタッフがいない。無人運営を行っている。そのため衛生面に不安があるという口コミも多い。念のため、除菌シートを持参しておいた方がいい。もちろん施設内には除菌シート、消毒液は常備してあるが、無人運営なので切れている等のトラブルを迅速に解決してもらえない場合あり。
・常駐スタッフがいないため、ルール違反やマナーが悪い人がいた場合、人がいない注意をする人がいない。
・休憩スペースがない。
・年齢制限がある。15歳以上90歳未満。
・混雑する時間帯がある。混雑状況はアプリで確認をすることができる。
・支払いがクレジットカードのみ。クレジットカードが持っていないことは支払いができない。現金払いコンビニ払い銀行振込等はできない。クレジットカードがない方は、楽天カードが便利。楽天カードなら、簡単な審査ですぐにクレジットカード発行が可能になる。
・店舗によって当たり外れがある。キレイさ、雰囲気等。
・鍵のかかるロッカーない。繋いでは簡易ロッカーと言われているが、扉もない。ちょっとしたタオルやドリンクを置いておくにはいいが、貴重品を置いとくのは少し不安がある。

 

 

汚れがひどい場合には本部に連絡をすると、清掃に来てもらえる。
がっつりと運動をした後にシャワーを浴びれないのはちょっとしたストレスになる。大きなジムでは運動した後、お風呂とサウナに入って気分的にもリラックスをした後、家路に着くリズムに慣れている人は、少し物足りない感じがするかも。短時間で簡単なトレーニングをすると、割り切って利用することが大切。

 

休憩スペースがない

全体がコンパクトな作りなので休憩する場所がない。そのため運動をして着替えたらすぐに退出することになる。たまにジムにいるトレーニングをせずに話してるだけで時間を潰してるような人がいるが、ちょこざっぷではそのような人がいない。仲間と来るような人も少なく、一人で短時間でトレーニングを終えてスッと帰る人がほとんど。効率が良いと考えれば便利。